HOME>トピックス>歯周病にならないためにはしっかりと歯磨きをすることです。

歯周病になってしまう理由

最近では歯に関するCMがよく流れており、歯の重要性が周知されています。よく耳にするのは歯周病に関する話ではないでしょうか。実は歯周病は20歳を越えると約6割の人が知らず知らずのうちにかかっていると言われています。そこで江坂の歯医者では患者さんに歯周病になってしまう理由について説明しています。なぜなら歯周病について詳しく知ることで歯磨きに対する意識が変わるからです。身体の病気でもそうですが、じぶんがどんな病気にかかっているのかをはっきりと知らなければ治療、予防をすることはできません。それと同じで歯周病にかかっている患者さんには特にどういう病気なのか説明しています。

磨き残しが大きな原因

歯磨きを怠ると磨き残しがいつまでもお口の中に存在し不潔です。実はお口の中にはかなりの数の細菌が住み着いていて、その中に歯周病菌もいます。その歯周病菌が食べかすなどを餌として食べ、代わりに毒素を排出します。それが歯茎にダメージを与え歯周病になってしまいます。江坂の歯医者ではこの話をポイントとして歯磨きをするよう促します。

歯磨きがとても大切

ではどうやったら歯周病にならなくて済むのかというところになります。それは歯周病菌が餌とする食べかすを無くすことです。つまり歯磨きをよくおこなえば歯周病菌も抑制されて歯周病になるリスクがかなり下がるということです。江坂の歯医者にかよう患者さんのほとんどはその話を納得してくれて歯磨きをおこないます。

広告募集中